引越しです

英語Terakoyaです。

*牢獄*みたいなゲストハウスに滞在していた次男。
ーどう?ーと一週間経ってきくと、
1.冷蔵庫の自分のスペースに野菜などおいといたら、変な液体がかかっていてつかえなくなっていた
2.そもそも冷蔵庫がパンパンではいらない
3.平日は日中エアコンがはいらず、夜のみ
リビングはエアコン終日あり
週末は終日エアコンあり
4.そこに滞在している人の中にはビミョーなひともおり、人生を垣間見る感じ
心配性の私は、遊びに行ってるのではなく勉強に行っているのにそんな環境では、と思い宿替えを提案、そして、ハウスにも液体のことなどで電話
すると、岡山から戻ってあと10日ぐらいのために移動するのも面倒やし、もうなれたから大丈夫やで。
それから、液体のことは、自分で受付に言うと言ったのに、なんで電話した?やめて、
と怒られてしまいました叫び叫び叫び
なんとたくましいアップ
去年の夏滞在したところがまだ空きがあり、
宿替えをすることにしました。
電話をしたことに関しては、主人からも怒られましたダウン
何でそんなことするんや?本人が自分で言うと言うてたんやろん?
と。
だって、子供が言ってあまりにとりあってもらえなかったら、と思ったので。
でも、それは余計なことだそうです、次男や主人からするとダウンダウン
とにかく、あと10日はよい環境で過ごしている、と思うと安心です。
しかし、自分の高校生時代にこんなこと、絶対できませんでした。
飛行機もバスも初めての空港や駅から利用して、初めての宿へ一人で行っちゃうのですから
いくら地図アプリがあるからとは言っても普通は不安と思うのですが。
今回の東京滞在で、私自身アプリをつかいながら、都内や、横浜、川崎とあちこちしたのですが、本当疲れましたもんあせるあせる
普段は上海で地下鉄通学をしつつ、さまざまな不快なことや驚くことを経験もし、
一人日本へ帰って、いろいろなトラブルにあっても自分で解決している彼。
どこでもやっていけますねべーっだ!

 お知らせ
「転妻として子育てしながらも一人の女性としての生き方も求めているママの為のコミュニティー」をHPにしました。
よか
ったらののぞいてみてくださいね。⇒⇒こちらからどうぞ☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。