学習方法を変えてみました!

あなたの未来を拓く
奈良 英語Terakoya橿原・生駒の
英語資格~TOEIC,TOEFL,GTEC,英検~指導講師、
です

先日、行きづまりを感じて、カウンセリングをした生徒さん!

やはり変わっていましたよ!

「勉強方法を変えてみました」

1.覚えられないものをノートに書きだす。
2.問題集に直接書き込まずに、付箋に書いて確認する。

意識が変わると、やり方も考えるわけです。

1⇒B5サイズのバインダーにかいていましたので、ぽっけとサイズのメモ帳にかいて、どこでもこまめに何度でも見れるようにする。

単語を、並んでいる順番で覚えているのか、覚えているはずの単語が問題文の中に出てきたらわからない、との悩み

ならば、メモ帳に書き出す時に、順番をシャッフルしたらどうですか?
と提案

と私からもアドバイス。

そして今回は「品詞」についての説明。

1.文法のルールを理解していること
2.単語を見て、品詞の種類がわかること

このどちらもそろって、初めて品詞問題は解けます。

この二つが連動するように、一緒に一問一問見ていきました。

「なぜそれを選びましたか?」

とわたしが問いかけることによって、なんとなく選ぶ、という

一番やってはいけない、でも一番やりがちなことをやらないようにしていきました。

レッスン後は、わかった気分になっていますが、これを自分でもう一度解きなおして、ちゃんと理論も言えてはじめてわかっている!と言えるのです。

(子供の塾の先生もいつもそう言っておられます

だから、今やったように、家でも必ずやりなおしてくださいね!

と私。

7月のTOEICを受験される予定です。

今までは、各文法事項の基礎固めをしてきましたが、これからは

TOEIC文法にフォーカスして、そして各パート別の解法なども順次入れていきます。

壁にぶちあたるということは、そこからジャンプアップするチャンスが目の前にあるということ。

ちょうど今朝のTVで、あの世界的に有名なジャズピアニストの上原ひろみさんのインタビューがありました。

「困難にでくわすと、「壁きた!」と思う。でも壁にぶつかるというのは、現状に満足できなくなったということ。

でも、そんな簡単に乗り越えられるわけではないので、山登りのように一歩一歩です。」

どんなに天才的な才能にあふれた人ですら、一歩一歩なのです。

でもそれができる人だから天賦の才能を開花させることができたのでしょうね。

自分でも思い当たることはありませんか?

なんだかいまのやってること、もうやった感があるなあ、と思っていると、次なる壁がはだかること。

まるで「やるの、やらないの?」
「とにかくやってみるの?それとも、難しそうだから、やらずにそれで後で後悔するの?」
と聞かれているようにいつも私は感じます。

ならば、ええい!やってしまえ!!!

でも、不思議と何とかなるものなのです

上原さんのように
「壁きた!」
と前向きにとらえていきましょう

英語Terakoyaでは・・・・

◆入会金・教室運営費などは一切いただきません。
◆テキストの購入は最低限になるようにしています。
過去問、練習問題、資料などプリント・CDで配布しています。

受験、進級、就活、再就職、昇進のために、英語資格をとって自ら可能性を広げませんか?
無料体験レッスン随時受付中

    ↓↓↓
お問い合わせはこちらからどうぞ
お電話の方は090-9984-7688(谷)までお願いいたします。

TOEIC3か月目標達成保証コースはこちらから
英検合格講座はこちらから
TOEFL講座はこちらから
TOEICスコアアップ講座はこちらから
●40代からの洋書を味わいながら英語力アップ講座

skypeコースはこちらから

プロフィールはこちらから

生徒様の声はこちらから
実績

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。