子離れできてるんだろうか?

英語Terakoyaです。

1週間ちょっといた長女が帰りました。

まもなく社会人です。

学生と違って、社会人になると、不条理なこともあるでしょうし、いろいろと壁にもぶつかるでしょう。

そうやって、経済的にも人間的にも自立していくのですが、

自分も通ってきた道であり、また通らねばならない道でもあるのですが、

本当にしんどかったので、

いざわが子が、となると。。。。

こんな時に、気軽には帰れない遠く離れた場所にいることも、申し訳ないような思いがしたり。。。

帰ってしまうと本当にさびしくて

「次に会うのは夏休みやねえ。その時には。。。。」

というと

「もう本配属も決まってる!」

と長女。

彼女の頭の中は、やはり配属先のことでいっぱい。

前を向いて歩いている子供たち。

いつまでも自分の手の中に居るわけではないんだし、これからするであろう苦労も糧になっていくのだから

さびしい、、、、

なんていわずに、笑顔で応援してやらなければいけませんね。

まだまだあと3人います。

でもまだ手元にいるから、ではないんです。

一人一人との子離れを、ちゃんとその都度していかねばならないなあ、と思うのです。

子離れできてるんだろうか?” に対して2件のコメントがあります。

  1. さくら より:

    1. 無題
    そんな時が来るのが、今から不安です~(´_`。)
    http://ameblo.jp/yukiyoshiyasu/

  2.  英語Terakoya   より:

    2. Re:無題
    >さくらさん
    そうですね、でもそんなときに、自分が打ち込めるものがあると、その寂しさも和らぐように思いますよ。
    http://ameblo.jp/kashihara-lib/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。