夫婦のバランス

英語Trakoya.です。

今日はお天気はいいけど、空気の悪い上海。

次男はただ今日本、次女はお昼から塾に行くということで、

主人と二人、ランチお買い物ぶらぶら。

本当は租界などにいくと、また気分もリフレッシュしていいのでしょうが、

何分、週末はゆっくりすることを第一に(寄る年波には勝てませぬ)

考えているので、近場で。

それに、行くなら空気のきれいな日に行きたいですし

こういう時は子供たちの話をするわけで、本人たちがいるときにはできない話を。

とにかく私は心配性。

7年間の単身赴任時代に、そこまで心配していたら、心がもたない、というのもあってだいぶマシになったのですが、まだまだかなりの心配性。

一方、主人は、

今考えても仕方ないことを考えてもしゃあないやろ、

という人。

なのでバランス取れています。

が、そうはいっても、子供の事については、私と違って広い長いスパンで見ているようです。

特に男の子に関しては、社会に出て、どういう素養が必要とされるか、どういう状況があり、それを乗り越えられるだけのものを備えているか

というのを、勉強のことなんかより先に見ているようです。

わたしなんて

「ああ、すごく強くなってきたなあ」

と思っても、

「いや、まだまだやな。」

と言っています。

息子たちが、ある状況に置かれた時にどういう風にそれを受けて行動するのか、ちゃんと見ていますね、私以上に。

マイペースな人で、家ではひたすらのんびりなので、いつも子供たちに

「お父さんが、仕事できるイメージ全然ないねんけど。

皆の前で話してるか、、、、」

と言われていますが

そうはいっても、細かいとこまで気にしないので、そういうところで、子供たちからの不平もあったりすると、それを私が伝えるようにしています。

私は口やかましいので

「お母さんのそういうといややし!」

と二人から言われますが

「嫌いで結構。好かれたいなんて思わってないし。
耳の痛いことを言ってくれる人がいないといけないの!」

とまあ、可愛げのない母です

家族で、おもったことを口にできる環境、大事だと思います。

うちの場合、みなストレートすぎて、他人様がそこにいたらびっくりすると思いますが

家の中でぐらい、おもいをぶちまけれないと、外で散々気を使ってやっているのだから

持ちませんからね~。

自由な家です

 

夫婦のバランス” に対して1件のコメントがあります。

  1. ももクマ より:

    1. 無題
    それが家族ですよね。言ってくれる人が居るって有難いですよ。社会に出たら言ってくれなくて恥をかいたりしますから。何で親が子供にビクビクしなくちゃいけないのかしら。言いたいこと言わなきゃ。ね。家でも飛び交ってますよ。
    http://ameblo.jp/kumatetsu12/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。