凄い!こんなもの、見たことありますか?中国の.....

英語Terakoyaです。

さて、これは何でしょう?

{C9BD6DB8-BAC1-4EF7-AD15-0189715B4A5F:01}

 

{2D96A8B8-F5A3-48A8-AB57-76E719682501:01}

 

{4D2D3158-E1AE-47CE-9C3E-D5C3970327F4:01}

 

{D973B23E-0398-406A-9244-072B6A427ED4:01}

 

{86F800A9-428B-45B4-AD13-81B0E135C96F:01}

1955-1992年、中国では何を買うにもこの票証が必要な時代だったそうです。

 

卵票、自転車票、砂糖票、石鹸票、などありとあらゆるものが3か月一回配布されたということです。

中国全土で使えるもの、上海限定のものなどもあったとか。

たとえばテレビ票のように枚数が限られたものは、大学につき何枚、みたいに配られるので
そこで、みんなそれぞれ欲しい人は理由を言って、話し合いで決まる、

どうしても決まらないときはじゃんけんだったり。。。

たばこ票のような必要でない家庭もあるときは、数の少ない卵票とお互い交換したり、とか。

この年季の入った票をみると、改めて

共産主義ってこういうことなんだあ~

と思いました。

普通では見られないレアなものをみれて興味満々でした。

これも、老师では持っていないでしょうが、さすが60歳の老师!

「私は大学の老师をしていなかったら今頃は公園で跳舞してたわ、はは!」

とこの前言ってました、豪快で面白い

毎回授業の最初には、中国のいろんなことを話してくれる、ということです、これからも楽しみです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。