優秀な新人が3か月でやめる。。。

英語Terakoyaです。

yahooニュースに上記のようなタイトルがあったので、

新入社員のいる母としては気になって中身を見てみました。

なんでもやめるには3つのタイプがあるとかで

そのうちの一つが「ガラスの優等生タイプ」
だとか。

以下抜粋~
学校の成績は優秀だったのだが、実は、失敗の経験がほとんどないので、「失敗したくない」「レールから外れたくない」といった心理に陥り、焦る。すぐに横との比較をしたがる。新人の数カ月など、実は長い社会人生活から見ればまだほんの一瞬なのだが、ちょっとした差に一喜一憂し、すぐに落ち込む。ちょっとしたストレスを抱え込みがちで、こうした「ガラスの優等生タイプ」は打たれ弱い。~

読みながら、ああまるで高校生の時の自分みたい!と思ってしまいました。

おかげで以降打たれ強くなりましたからね

わが子たちは。。。。

長女は、挫折ではないけれど高校留学で、言葉と人種の壁にぶちあたりましたねえ。

長男はサッカーの怪我からの一連の試練

次男は、上海の転校が彼にとっての厳しいことだったように思います。

そう思うと、子供たちもやはりみんな私と同じ時期に、形は違うけれど、それぞれの形で挫折を味わっているわけです。

苦労は買ってでも~とか言われますが、出来るだけこれが早い時期に来たほうがいい、と思っています。

なぜならその経験を生かして、その後の人生、自分で判断行動していけるからです。

だから、大丈夫だろうと思います、というかそう願っています、社会に出てからも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。