何をするにも本当に大変、日本だとなんでもないことが。。。

英語Terakoyaです。

 

日本だと問題なくできることが中国ではいちいち大変。

 

 

英語関係のテストを受けるのも、日本だと時間場所空き状況を確かめた上で申し込み、そしてテスト前の説明も日本語でされます。

受付も普通に。

 

ところが上海ではすごく大変。

 

まず、先にお金を入れないと、受験枠の空きすら見れないシステムです。

 

そして、当日の受付は

 

がいこくじんは、白い壁の前にたって、パスポートの顔写真を顔の横に持ってきて、それで写真を撮られて、それが受付メラメラ

 

中国人は普通に受付

 

日本人は不正しませんがプンプン

 

でそのあとの説明は英語の試験なのに全部中国語、当然わかりません。

 

すると休憩などの諸注意がわからず、ロッカーに荷物を入れろというのでいれます。

 

が、休憩中飲み物を取るのに開けようとすると開けてはダメ、と言われる、

 

あ、それでみんな飲み物食べ物だけロッカーの上に出していたのか、

と初めてわかる。

 

4時間の長丁場の試験、結局飲まず食わずでやらざる終えない、

 

とか。

 

日本なら申し込みから受験までさくさくとできるのに、

 

こちらではものすごく手間がかかります。

 

申し込みも一斉なので、パソコンがフリーズするので、パソコン二台、ipad、スマホを総動員しての申し込みです。

 

でも、

 

これは絶対無駄にならない、やるしかないから

 

と思ってやるのみですアップ

 

 

逞しさを身につけている最中と思っています。

 

頑張れ、息子音譜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。