中高生にはなにかける?大学生にはなにかける?

英語Terakoyaです。

塾の説明会に行ってきました。

そのお話の中で、先生が聴講された講演会で聞かれた内容に触れられました。

「小学校低学年までは、手をかける、中学・高校生になったら言葉をかける、そして大学生になったら

いつどこで何をしているかもわからなくなるので、お金をかけるしかない」

と話されていたとのこと。

しっかり落ちがついてます!

でも、私は聞きながら違うことを考えていました。

中高生、言葉をかけても、むしろ逆効果のことも多いかな、と。

もっとも私の言葉がけがよくなかったかもしれませんが

中高生は、心をかけてあげる

の方が、私の子育て経験からはぴったりします。

そして大学生になったらお金は有無をいわさずかけさせられるのですが、

しっかり自立してもらわないと困るので、

むしろ、そばにいない方がいいと思うのです。

ちくいち子供の行動になにかいうより、元気でちゃんとやっているかなあ、

気にかける

程度が子供にとっても親にとってもちょうどいいように思います。

幸いにも、うちの場合は、長男は1回生から東京にいきましたし、長女も一人暮らしに入りましたから

「自分一人で生活することがどういうことか」

というのをちゃんとわかったうえで、社会人になれますね、結果論ですが

でもかれらも、今や時として、もう良い相談相手になってくれます。

いうこともいつの間にかしっかりしてきて

子供は日々の社会生活の中でしっかり成長しているんですよね。

成長していないのは私ぐらい?

せめて退化しないように努力します

こちらものぞい見てみてくださいね
↓↓↓

 Terakoya's community
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。