スタバの親子に思う・・・だからそれが何なんです?

英語Terakoyaです。

ピアノのレッスンの待ち時間を過ごすスタバ。

日本人と思しき親子がいらっしゃいました。

お子さんは小学校低学年。

マックのパソコンでなにやら遊んでいるよう。

日本語が聞こえていたのですが、

ふと私に気づいたお父様、

いきなり英語でその子にしゃべりだしました。

いえいえ、わざわざそんなことなさらなくても何も思いませんから、

と内心思いつつ・・・・

お子さんがお父様に質問してくる日本語は明らかに

外国人っぽい日本語。

あ~、インターいってるのね、と思っていたら

今度はお父さん中国語も少し使ってみたりしています。。。

はあ~

わかりました、トリリンガル、ってことですか。。。

いったい、何人に育てたいんでしょうか?

何人でもいいのですが、自分が「何人である」というしっかりした

アイデンティティを、しかるべき年までには持たせてあげてくださいね、

と思いました。

それってその子の人生に深くかかわってくることに思いますから。

語学は、いくつになっても本人が身に着けたいと思ったら可能です。

クラスメートのマルチリンガル(3か国どころではないですからね!)の韓国太太をみていると、本当に実感しますもん。

何もネイティブライクにしゃべれなくても、意思の疎通や会話や仕事もできるわけですから。

それよりなにより大切なのは、

何人の思考で、何語で論理的に考え、しゃべり、文章をきちんとかけるのか、ということ。

勿論その背景にある文化もわかっての上でです。

私を意識して英語に切り替えたお父様。。。。

ため息がでました

こちらものぞい見てみてくださいね
↓↓↓

 Terakoya's community


にほんブログ村

スタバの親子に思う・・・だからそれが何なんです?” に対して1件のコメントがあります。

  1. 洋子☆主婦の貧乏脱出物語☆ より:

    1. (≧∇≦)/
    最近3日間ずっとカフェ巡りしている浅井と申します。私の知らない日常が広がっていてとても新鮮で楽しかったです。読者登録させてもらってこれからもフォローします!
    http://ameblo.jp/223115288/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。