サバティカル制度をうらやんでいたけれど・・・

英語Terakoyaです。

iBTwritingを担当させていただい生徒様が

「サバティカルでアメリカにいくので」

と言われました。

 

サバティカル?と思いつつ、話を続けると

なんと某国立大学の教授でいらっしゃることが判明

わたしなんぞが、国立大学の教授にレッスンさせていただいていいの?と焦ったものですが。。。

 

無知な私ですが

サバティカル制度とは・・・

使途に制限がない職務を離れた長期休暇 のことで、長期間勤続者に対して付与され、少なくとも1ヵ月以上、長い場合は1年間となることもある。

伝統的には大学教員 に多く採られている制度で、研究休暇制度などの呼称もある。また、研究者、カトリックの聖職者やプロテスタント系の牧師、小説家、漫画家、音楽家、スポーツ選手などがしばしばサバティカルを使い、長期研究調査や執筆などの目標達成、あるいは休息する充電期間として用いる。

 

いいですよねえ、働き盛りの時に

1年海外の大学で勉強できるなんて。

 

一般企業でこのような制度があるとこなんて

ほとんどないでしょうからねえ。

 

当時、育児をしつつ、単身赴任家庭で

仕事をして、という状況のわたしにとっては

「1年海外留学してみたい」

とは思っても夢のまた夢だったのです。

なのに、今、それが現実となっているなんて

弱音を吐きながらでもがんばろ、っと!

この弱音を吐くのって、実は大事だと思います。

自分のしんどい思いはしっかり家族に聞いてもらいながらがんば
るのが、続く秘訣だと。。。

はい、今日からまた大学開始です~

こちらものぞい見てみてくださいね
↓↓↓

 Terakoya's community


にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。