カオルンステーションのあまりの変貌ぶりに

英語Terakoyaです。

元住んでいたカオルンステーションの散策と友人に会いに着いてすぐに向かいました。

 

エレメンツができ、当時工事中だったところにピカピカのビルがいくつもでき、庭園が充実してまるで
別空間アップアップアップアップ

{FB46F99F-780F-40AE-8CA7-53F71DB6CABE:01}

 

{9ADBD265-46CE-4EEE-BFCA-481E69021102:01}

 

{812DB79A-C05E-4ED5-86D2-D230475C7F11:01}

一番左が以前のコンドミニアム。

 

当時アジアのコンドミニアムでは世界一と言われた高さの80階建ての20階に住んでいました。

 

雨など降ると上層部は雲の中でした叫び

 

友人が一緒だったのでなかにもはいれて、タワーの前でもバチリ音譜

 

{DA443782-9F32-494D-A3FD-9B1502958D4B:01}

コンドミニアムは何もかもそのまま、他の商業施設がひどく充実でした。

 

エレメンツ、映画館なんてあたりまえで、なんとスケートリンクもあって驚くばかりビックリマークビックリマークビックリマーク

{ADB2291C-6E69-42BB-B971-97D85DF443D5:01}

 

{ED026CA6-5506-4016-A6F7-3FC99A2384BA:01}

当時はショッビングは一駅乗ってセントラル、もしくは歩きかシャトルバスでハーバーシテイまででていたのですが、

 

今やここだけで暮らしていけます。

 

でも、流れている空気が上海とは全く別。

 

空気汚染のことではなく

 

雰囲気のことですよニコニコ

 

人の振る舞い、町の気配

 

本当に帰ってきたなあ、というなんとも言えぬ懐かしさラブラブ

 

日本に帰国してからは、単身赴任の中、一人で四人を育てながら仕事も始め、ただただ生活を軌道に乗せ

 

子供らの受験や反抗期に向き合うのに必死で、

 

香港を懐かしむ余裕すらありませんでしたし、

 

そこに思いを残していては前に進めない、

 

あえて気持ちを封印していました。

 

でも........

 

きてしまってら

 

思い炸裂、止まりませんドキドキ

 

なんとも表現できない思いに包まれています。

 

そして、つぎは、カオルンステーションの前に住んでいたホンハムに行ってみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。