インタビューオファー第二弾!

英語Terakoyaです。

またもや、別の大学から、インタビューを勧めるメール

 

それが、また書き出しに、唖然としたのですが

 

--⚪️⚪️(大学のある場所の地名)にやってくるのは
Wonderfulなバケーションになると思うのですが

 

海外学生の方はなかなかそうもいかないでしょう、ですので

 

アプリケーションだけではアピールできてない自分をアピールするために

 

Skypeでのインタビューを受けることを是非勧めます-

 

みたいな。

 

素晴らしいバケーションとか汗

 

なんてAmerican
 
な発想なんでしょうあせる

 

次男の発想に近い、やはり、アメリカ向きですねにひひ

 

が、Skypeにしても、途中で接続が切れる恐れ大なので

 

日本で済ませてほしいところなのですが

 

滞在期間にはインタビューの空きがないらしく、こちらに戻ってとなるようです。

 

Skypeが無理な場合は、電話で、ということですが

 

対面の方がそりゃあ喋りやすいですからね。

 

出願して終わりではなく、そこからまだ先があるのでした。

 

他の大学からも、

 

個人のアカウントのログインパスワードなど与えられ

 

そこから、音楽やfinancial情報などを入力するように

 

などときますし、

 

こういうインタビューが出願後、大学側から打診されるのは

 

予想外でしたし

 

毎日メールをみて、それに対応していかなければならず

 

こちらへ戻ってもしばらくはまだゆっくりできないようですね汗汗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。