アメリカの大学調べ事始め

英語Terakoyaです。

7月末にiBT対策に通っていた留学専門校から帰って以来、

「モチベーションめちゃ上がった!」

という割には、学校の友達との別れを惜しむのにひたすら忙しい次男

ビデオ受講の次のコースに申し込むのも、せかしてやっと。

教材は国内送付しか無理、ということで、これからは一時帰国の時に自宅に送られたものを
持って帰らねばならないので

その辺もちゃんと考えてやってほしいとこ

カウンセラーの方との話で

まずは10校、自分で調べて名前をあげること!

と言われたというのになかなか家にいないので、

やっとやったのがきのう。

HPを読み始めながら

「え~、わからへんわ、この単語、辞書辞書

内心、

その単語が分からない?まだまだな語彙力よなあ~、と思う。

彼は、国際関係学のようなものと、ピアノ(音楽)をダブルメジャーで取りたい、というのが希望。

だから両方に強い大学、となると、数は限られてきます。

まず一校目調べたところは、

音楽がないみたいやねん

ということ。

そうやってHP読むことも勉強の一つ。

渡航したら翌々日から学校です。

今のうちに一つでも多く、調べておいてくれ~

が、今日も、明日も、明後日も、友達と遊びに行くらしい

「友達のA君、知らんうちに塾にかよってたわ~」

「B君なんて、英語と数学、すでにS塾に行ってるのに、国語だけK塾にいってるらしい。

どんだけ???」

「みんな本気モード入った?」

などとのんきに言っている彼。

あの、あなたの出願の方が、国内でセンター受ける子より早いんですけど。。。。

自分で選んだ道だから、結果は自分次第なんだよ

渡航したら完全に切り替えてやってほしいものです


(写真はイメージです)


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。