アピタの社員さんに嘆かれ慰める

英語Terakoyaです。

⚪️番のバスに乗ってホームを感じる私ですが、今やアピタもホーム。

 

肉屋さんでは、私がいつも買うお肉までおねえさんおぼえてくれてて、

 

これ一斤ですね?

 

とはかってくれます。

 

もちろん日本語上手なお兄さんもサービス満点ニコニコ

 

そしてレジに並ぶといつものデリバリーやってくれる社員さんが満面の笑顔で迎えてくれます。(あの息子の担任だった先生にそっくりのニコニコ)

 

でれじしてもらってたら、日本人の社員さんが背後からやってきて

 

-いつもありがとうございます!デリバリーはきょうの夕方でよろしいですか?长宁区でしたよね?ーと全部覚えてくれてて恐縮汗

 

お土産を随分かってたので

 

ー今日はお土産があるのでとても多くてー

 

というと

 

ーみなさん帰られますからね。私どもはそれで心配しています。やはり日本人のお客様が多いのでー

 

と言われるので

 

ーでも、最近は小さいお子さんのご家庭が多いようなので、夏休みの影響はそれほどではないですか?ー

 

と自分でも気休めだ、と思いながら言って見ました。

 

ーやはり、みなさんお盆などはかえられますからねー

 

と社員さん。

 

ですよねあせる

 

香港と違ってみなさん一斉に帰られるのには私もびっくりです。

 

上の子たちに会う、とか、受験のことなど無ければ帰らないと思いますもん。

 

でも、週末夏祭りのような催しをやっていていて、とても盛況そうだったので、

 

夏休みのマイナスを少しでも補えるといいねえ、

 

と主人と話しながら帰りました。

 

アピタ、ホームです。

 

四時までに買い物するとその日にデリバリーしてくれるのは本当ありがたい音譜

 

他のところのネットからのデリバリーを数回だけ利用したことがあるのですが、

 

やはり、食べものは直に手に取ってから選びたい、という欲求が強いのと

 

あのお肉とかが100,とか200グラムの小分けでしか売ってないのがどうしてもいやで

 

アピタで目で見て選んで、重いものや生物以外はデリバリーしてもらう、

 

が私にはベストです音譜

 

この界隈から離れられませんにひひ

 お知らせ
「転妻として子育てしながらも一人の女性としての生き方も求めているママの為のコミュニティー」をHPにしました。
よか
ったらののぞいてみてくださいね。⇒⇒こちらからどうぞ☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。