アピタのデリバリー、みんな慣れてきたなあ

英語Terakoyaです。

アピタのデリバリー、毎週利用していますが、最初の頃は一苦労。

デリバリーには、箱がいる!と言い張って聞かないレジの人もいれば

わざわざインフォメーションの人を呼びに行く人もいる(ちがうちがう!)

とまあ、レジの人も勝手がわかっていなくてその都度大変でした。

「300元以上買わないと無料のデリバリーにならない」

と一生懸命説明する人もいて、わかってる、って言ってるんだけど、

そしたらもう一人に店員さんが

「このひとたち知ってるから」
と言ってくれたり。(彼女も前に、デリバリーの勝手がわからず困った一人)

やっとデリバリーカウンターに行っても、これは割れるから、とたとえば瓶類は持ち帰るように言われるんですよね。

あんまりデリバリーのメリットがない。

だんだんにデリバリーの配達傾向もわかってきた私たちは、

この時間に買い物をしておけば、カウンターでは明日、というけど今日のうちにくるんだよなあ~

とわかっているので、今日は言ってみました。

*あくまでも私の経験上からですから、お店では16時までの受け付けは翌日配達、となっています。

ポテチの袋は破れてつぶれるかもしれないし、ナシもつぶれるかもしれないから、持ち帰って、と言われたので

問題なし、いいからデリバリーにして、重いし、と

お願いしました。

すると、インボイスに、

つぶれるかもしれないものも入っているけど、お客はちゃんと承知済み、みたいなことを

書いてました。

さすが ぬかりないですね。

でもいつもちゃんと届けてくれるのでその心配はまずないのです

今日のおばちゃんは、つぶれるかもしれないけどいいの?みたいな話をしてくれるときに、

最初?って顔をしたら

例によって、大きな声で繰り返してくれました。

だから、耳が遠いわけではなく、中国語の問題だから と思うのですが、

こちらの人は、一度でこちらがわからないと大きな声でリピートしてくれます。

それもなんだか愛着湧いてきました

デリバリーカウンターのおばちゃんの中には顔なじみの人もいて、そうなると、俄然やりやすいですね。

こちらものぞい見てみてくださいね
↓↓↓

 Terakoya's community


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。