やはり上海と縁があるのでしょう・・・

英語Terakoyaです。

{FF467AA8-4D0B-4B1D-9CEE-CB85B025AEF7:01}
金具の上には、本当は中国結びのような飾りがついていたのですが,とれてしまい・・・・

だって、これは9年前、香港に駐在中に、長男が上海への修学旅行の時に買ってきてくれたお土産。

たっかくかわされたんだろうなあ~

あまり使う機会もなかったのですが、こちらに来て

日本に一時帰国中、元を入れておく用に使っています。

こんなに時が経って、こんなことで使うようになるとは思いませんでした。

今回は、国慶節、一時帰国している二男が使っています

上海に縁があるのでしょうかね?

末っ子が生まれた時も、主人は上海出張で、2日ほどつかまりませんでしたから

そういえば、以前、よくあたるよ~と評判の

心斎橋の「前世占い」に行った時に、

前世、清朝の時代に、村役人の妻でしたよ、などと言われましたっけ

その前はオスマントルコ帝国時代のエジプトの武官、

一番最近だと、ベルギーで男の先生だったそうで

男性性が勝ってるらしいです、確かに

家族もみてもらって、妙に納得のたのしい時間でした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。