もうそこはすでに中国だった

英語Terakoyaです。

一足先に上海に戻った主人は。
帰りの飛行機の中で、手動巻きの時計を時間を合わせようとしていたら
隣の席の中国人のおばちゃんが
九時34分よ
といきなり言ってきたかと思ったら
ちょっと見せて、
あー、⚪️⚪️ね、いくらした?
 
 
と直球の質問をしてきたようです。
さすが汗汗汗汗
そのあと
岡山に仕事か?
などなどいろいろきいてきたようですがあせる
おばちゃん、社長さんだそうです。
日本人駐在員よりよっぽどお金持ちでしょうねにひひ
上海につかずして、そこはすでに中国でした飛行機

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。