とうとうこの日が来ました、卒業式でした

英語Terakoyaです。

今日は次男の高校の卒業式でした。
ひろ卒業式2

卒業してしまうと、上海をはなれる日が1日1日近づいてくるわけです。

 

おめでとう !なんだけど寂しいも負けないくらい

サプライズで、卒業生たちの作詞作曲の素敵な合唱がプレゼントされました

 

そして式の一番最後は式歌「旅立ちの日に」を次男のピアノ伴奏で全校で合唱しました。

彼は中1の時から、この時期、必ずこの歌を伴奏してきたようです。最後の自分の卒業式も、やはり弾くことになったのね。

 

本当におめでとう!

この上海の地に編入していっぱい大変な思いもしたけど、それを支えてくれた先生方、出会ったあたらしい友人たち、周りの人に感謝の気持ちをわすれずに、

ここでの経験をもとに、国際人となるべく羽ばたいてほしいと思います。

私もいい加減子離れをしなければいけませんね。

努力しています

 

子供同志は仲がよかったのですが、お母様方とはなかなかしりあえる機会がなかった私。

式の後、お母さまたちの方から声をかけて下さり、連絡先も交換し、子供たちは上海を離れるけれど

お母さまたちとの新しいお付き合いが始まりそうで

別れがあれば出会いもあり、

まさにそんな一日でした。

すべての出会いに感謝

 
writer_logo

ランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです🎶


にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。