すごすぎる中国の英語学習者

英語Terakoyaです。

先日、いくらなんでも一回iBTを受けてちゃんと現状把握しないと、かなりまずいよ~、と

申し込みをしようと。。。。

すると、中国は別アカウントを、それもすっごいいろいろと入力して作らないといけないのですね

が、やっとアカウント作れたと思ったら、なんと12月までno seat

日本でそんなの聞いたことがないのに・・・・

後日、インターに通わせる方から聞いた驚愕情報!

こちらだと音響設備もあまりよくないことがあり、それでスコアがでないのはいやだと、

行ける人は日本までわざわざiBT受けにいくのよ~

え~、そこまでするの

ただでさえ、1回2万円以上もする受験料の上に、さらに日本まで、、、

熱心すぎる、すごすぎる、、、、

でも、、、、

そういう熱意ある人たちと同じ土壌でやっていかなければいけないわけなので、そんなことで感心している場合ではないのですが

まだまだ甘い私たち

できるだけ一時帰国の時に受けるとしても、春以降、とにかくスコアを上げるために受ける段階になったら

それこそかな~り早めに申し込まないとこちらでは受けられないという現状が分かっただけでも

進歩ですね

とりあえず初回は日本で受験予定です。

こちらものぞい見てみてくださいね
↓↓↓

 Terakoya's community

 

 


にほんブログ村



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。