しあわせの黄色いタクシー

英語Terakoyaです。

テレビで、「しあわせの黄色いタクシー」というのを観ました。

80歳ぐらいの現役ドライバーで、車の中にはカセットが山積みで、乗客の年齢層にあった曲をかけてくれたり、

「感謝の気持ちを伝えたいから」と、
世界中の言語であいさつのことばをかいたメモを用意していたり、

と、それだけでもすごいのですが

乗客の話を聞いて、いろいろと背中を押すような、それこそそれが人生の転機となって、その後人生が好転した、という人もたくさんいる

というそんなタクシーだそうです。

「私はここからここまでしかあなたを乗せてないけど、あなたはこれからもあなたの道を歩いていけばいいと思うよ」

「与えられた仕事を天命だと思って」

苦境に立たされた時に、その言葉を思い出してやってきました、

とそのタクシーとの出会いからそのあと、就職支援会社を立ち上げ今は年間5000万円の売り上げを上げるまでになった、

という方が話していらっしゃいました。

素晴らしいですね~、素敵ですよね~

言葉は言霊を持っているといわれます。

人の話に耳を傾けて、そして発した言葉で、それもたった一回の出会いの、限られた時間の中で

それだけのものをその後も長くその人の心に残して、その人の人生を支えているなんて!

一方、

こちらではよくあることですし、韓国ではあまりにもその状況がひどくて、

タクシーによる乗車拒否が法律で罰せらえるようになる、

などときくと、考えさされますね。

言葉は人を勇気づけることも、ハッピーにすることもあれば、
失意のどん底に突き落とすような刃物にもなります。

良い言葉だけを意識して選ぶようにしたいですね。

相手の立場に立った。

こちらものぞい見てみてくださいね
↓↓↓

 Terakoya's community


にほんブログ村

しあわせの黄色いタクシー” に対して1件のコメントがあります。

  1. saori878787 より:

    1. 無題
    本当に相手の立場に立って、言葉をかける!って大事ですね。
    思いやる気持ちが大事ですね~
    http://ameblo.jp/saori878787/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。