この時がくるなんて。。!

英語Terakoyaです。

大学に2期通ったけど、聞くのも話すのも全然進歩した感がなく、、、、

ところが、この修了式を迎えたころになってやっと、

もしかして、やっとアウトプットの時期を迎えたの?と

少し実感できるようになってきました。

听力のテキスト、最初はボー然としましたね。

速いし、口語表現も満載で、こんなの一回聞いただけじゃ全然わからない、どうしよう

先生は切れ者だし

と絶望に打ちひしがれたのですが、

今、テキスト残りの部分を聞いているのですが、一度聞けば、知らない単語や知らない表現のところ以外は、

ほぼ意味が取れるようになってきたのです

そして中国人と話す時も、自分の言いたいことはとりあえず伝えられるようになって、

相手が予想外のことを言ってくると、それに対する返事には一呼吸,ふた呼吸要したりしますが

ついこの間まで言葉が全然スムーズにでてこなくて、

いつまで私のインプット時期は続くのだ、インプットだけで終わるのか?

と思っていたのですが、

やっとアウトプットの時期を迎えたのかも、とちょっとうれしい私です。

先日の語学学校のカウンセリングも、ちょっと言葉に詰まると、すぐ英語に切り替えて前は話していたのですが、

昨日はとりあえず全部中国語で質問も相談もやりおおせたし。

もちろんまだまだいい加減な語順だったり、ワードチョイスだったりするのですが、そこは相手がベテランの先生なので わかってくれます。

なのに、これから日本に一時帰国して、次、レッスンを受け始めるまでに2か月は空きそう、、、、せっかく少し進歩を感じてきたのに、

毎日少しでも聞いて、口に出すようにしなくては。。。

でも日本に帰ったらそんな思いも吹っ飛びそうで怖い

よく子供が小さいうちは、

まだうちの子しゃべらないの、言葉が遅くて~

などと会話があるわけですが、

私も、本当い言葉の遅い子です。。。。

まあ、日本語でさえ、聞き取り悪くなってしょっちゅう聞き返してるぐらいなので、中国語の音なんかは

本当に耳で拾うのが大変なのです~

*これを口語の期末テストで老师(60歳)に行ったら笑われました

でも年齢との戦いなら、長引かせると余計に大変になるわけか・・・・

あきらめずに、とにかく毎日少しでも続ける、まずはこれですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。