お次は引っ越しですか!?

英語Terakoyaです。

次男の本帰国の前の夜、いつものように寝室まで

「おやすみ」

といいに来た次男の姿を聞いて、

~あー、この家で、彼の「おやすみ」をもうきくことはないんだ~

とウルウルしていたら、すかさず、まるでその様子を見ていたかのように、長男から

~やはり、隣の部屋が深夜にあまりにうるさすぎる、限界だから引っ越しさせてほしぃ~

とのメール。

様子を聞くと、ひどい様子。とはいえ、学校も始まり単位をとらねばならない、就活もしなければならない、という多忙な時期に引っ越しができるのか?

という不安はあるものの、やはり引っ越しさせてやった方がいいか、という感じ。

で、すかさずそこから深夜の物件検索( ̄▽ ̄)

主人にそれをいうと

「泣いてる場合ちゃうで。それくらいでちょうどバランスがとれてええんや」

一人終われば間髪入れずに次の事が、ですね。いつもそう。。。

母は忙しぃ、でも、次男のいなくなった家が寂しいのには変わりありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。