おばちゃんと戦う

英語Terakoyaです。

ジムの窓、微妙にいつも空いています。

空気の悪いは、窓が少しでもあいたなか、わざわざ有酸素運動して、肺に悪い空気を吸いいれるのはナンセンス

でもしめると誰かに何か言われそうで、閉める勇気がありませんでした。

でも二日続けて、欧米人のおじさんがバンバン!と窓を閉めましたが、誰も何も言いませんでした。

そこで次の日から私も閉めるように。

でも何も言われなかったのでその日も閉めました。

一つ閉めたとこで、そこのマシンにいたおばちゃんが

「閉めないで!」

と怒って言ってきたので

「だって空気悪いからすいたくない」

と言うと

「ここ,暑いじゃない!」

(少ししか空いていないからそんなかわらないし。でも悪い空気は確実に入ってくるのよ!)

その剣幕に、窓一つで私も引き下がりました。

そしてしばらくしてマシンを終えたおばちゃん、

なんとその窓を閉めて帰っていきました。

あっけにとられる私

悪い人ではないのかも。

でも、そのおばちゃん、半分おりている窓のスクリーンも全開にするのです、

朝は結構日当たりいからやめてほしいのに~

もし、スクリーン下げたら

「暗いから!」

と怒られそう・・・・

中国人、欧米人、日本人、

それぞれみんな考え方違いますもんね

ジムでも国際理解?ですかね

そのおばちゃんも、きっと、一緒に来ていたご主人に

日本人のおばちゃん、うざかったわ!

とかなんとか言っているのでしょう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。