おお、まるでドラマのような話だ!でも夢をつないでくれる話


英語Terakoyaです。

一時帰国中、必ず会うのは保育園のときからの親友。

彼女の義弟は、実はぁの

誰もが知っている超有名音楽プロダクションの敏腕producerというのは聞いていました。

そうそうたる顔ぶれのアーティストを輩出しています。

 

ひょんなことから彼の話に。(まだお会いしたことはありませんが)

なんと高校で(中退で)家を飛び出し、上京。

ギター(だったかな?とにかくそんな感じの楽器)を仕事にしたくて、あくなき挑戦を続けた。

でも全く芽が出ない。そしてそれこそ食べるものもそこをつき、とうとう畑からキャベツを拝借してしまった!

そのキャベツが涙が出るほどおいしかったとか。

でも、それで、このままではいけない!と強く思い、

そんな中いろんな出会いがあり、今の会社の社長さんとの出会いもあり、

「うちで働くか?」

となり、今にいたったようです。

まるでドラマのような話!

 

でも、話の焦点はそこではなく、

自分がやりたいことがあったら、とにかくとことん、自分が納得するまでやってみる、悔いが残らないぐらいまでやり切ったら

初めて自分の気持ちも切り替わり、それこそ、彼の場合は180度違う方向へ(自分が演奏する側から、アーティストを応援する側に)

人生のかじ取りをして、成功した、

ということ。

ここでは成功するかどうかは問題ではなく、とにかくやりたいことにとことん挑戦してみる、

だから、切り替えることができたと思うし、その次の仕事に打ち込めたんだよね、

ということ。

つまり、

いや、こんなこと、最初から無理だから、本当は挑戦してみたいけど、やめとこ、

もしくは

すこしだけやって、失敗したから、もう無理だと、と早々に見切りをつけたりしたら

一生後悔は残るし、そのあとやることだって、大成できないよね、

とことんやってどん底見た人は、強い、

ということでした。

 

私は妄想が好きなので、

「そんなこと到底無理だよね」

と思うようなことも妄想しています。

彼の話を聞いて心が動かされました。

 

いつの日か彼にお会いしたいなあ、と希望を伝えておこうかな(^_-)-☆

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。