え、それは問題でしょう?(T_T)

英語Terakoyaです。

Language exchangeといいながら、彼女は特に日本語をやりたい、というふうでもなく

 

中国語をおしえたいようで、二時間ずっと中国語タイムになっていますが...,,

 

この日は英語のテストについて。

 

まずは、TOEFL iBT とIELETSとの比較

 

彼女はイギリス留学したいのでIELETSを勉強中。

どんな内容か聞いてみました。(私はTOEFL, TOEIC、英検は教えていましたが、IELETESはないので)

listening, reading, writingで2時間半。ペーパー試験。

そしてspeakingは面接で15分ほど。

テーマを提示されてその中から選んだものについて話す。そしてそれに関する質問。

という感じで英検1級の面接のような感じかな?と思いました。

ここまではいいのですが、

この面接の判定方法です、問題なのは。。。。

上海は外国人も多く、求められるスピーキングレベルが高い

すなわち、辛口採点になる、

というのです

つまりたとえばですよ、

地方で受験して65点、と判定されても、上海だと60点、という具合

だめでしょ~、それは

英検面接官の経験から言わせてもらいますと、細かい判定のためのガイドラインがあり、

面接官は、その判定がだせるようにちゃんととレーニンぐを積んでから面接に臨んでいます。

だから判定に上下が出てはいけないのですよ。

一方、TOEFL i BTは4技能をパソコンで受けるテストです。

listening, readingは記号を選ぶので判定は簡単ですが、

writing, speakingはやはり採点官がいるわけです。

どこでどう採点しているのかは知りませんが、もし、上海の採点官は厳しく、地方の採点官は緩く、

だったりしたら、受験生は本当にいい迷惑です!

うちの場合は、上海と、東京or大阪で受けているので、その違いがあるのか。。。。。

なんだか怪しくなってきましたが。。。。。

気のせいか、日本のほうがスコアが出やすい気も

いやいや、それは試験前の説明をすべて日本語でしてもらえるとか、心理的な安心感からきているのかもしれませんから

(当然上海では中国語で説明され、それにまつわるアクシデントもあったり、まあ、その分逞しくなります

替え玉受験が多すぎてSAT の受験ができなくなった国ですから、

何があっても驚いてはいけませんね

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。