あなた、大丈夫ですか?

英語Terakoyaです。

週末のお昼時。

おうどんのお代わりをしたい!と言っていた次男。
(とにかく食いしん坊)

その時、テレビに

「献身的な~で」

と字幕が出たのですが、それを

「こんしんてき」

と呼んだので

主人と二人

「えっ!

中学受験もしたし、先日高校で受けた日本の大学の判定も悪くなかったのに

「なんで、こんしん、と読めるのよ?」

というと

「え、献立のこん。。。」

とにかく、いつも頭の中は食べることでいっぱいなのでしょう

こんな彼がアメリカの食生活に浸ってしまったら10キロ増は確実でしょう。

大食いでもなんでもない長女ですら、1年の留学で8キロぐらいは増えて、帰国前に減らしたみたいですが、5キロ増のままかえってきましたからね、たった1年ですが。

(でもここからが若者は違います。日本の食生活に戻って、普通に生活してるだけですぐにその5キロも落ちてしまいました)

*ここからは想像です

ひさしぶりに帰国するからと空港に迎えに行き、するとあちらからとてもおデブな子が

嬉しそうに手を振ってくる

「え、だれだれ?しらないよね?」

とあわてる私たち、

みたいな図になるのは必至でしょう。

一応、

「おデブな息子はいらないから」

とは言っているのですが、10キロで収まることを内心願っています。

「中国ではお腹出てるのも裕福の象徴、とまだおもってくれるかもしれないけど

欧米ではお腹出てる時点で、エリートとみなされないんだからね、この頃」

と脅してもいますが

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。