あと10年でなくなる仕事、消える仕事、では30年後は?

英語Terakoyaです。

オックスフォード大学の教授が発表したんですよね、以前。

AI(人工知能)にとってかわられる仕事がとても多い(~_~;)

そんな中でも生き残る仕事を見ていくと、

芸術のように感性が必要とされるものだったり

人の心を読み取ることが必要だったりする職業

ということになるようです。

納得!

こんな10年先のことですら予想がつかないのに、

先日長男はグループディスカッションで

30年さきはどうなってるか?

というテーマで話し合ったようです。

30年なんて、、、、(~_~;)

全く想像がつかないので(だって、就活生は高々20年ちょっとしかいきてないですからね)

結局、5年後の世界を語る、見たいな感じにどのグループもなってしまったようです。

10年、20年なんてスパンが長すぎて想像もつきませんが

3年後5年後なら想像もできますね。

何もAIに対抗しようなんて思いませんが、自分らしいやり方で社会にかかわっていきたいなあとおもっています。

といいながら、
今までの私の人生、まったく予想がつかないまま、今ここ上海にいるわけです。

だから想像したようにはならないかもしれませんが、

どこにいてもできること

それが自分にとって何なのか

今はそれを見つける時間だと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。