日本語教育能力検定試験の思い出


英語資格~TOEIC・TOEFL・英検~であなたの未来を拓く
英語 Terakoyaです。

きのうは日本語教師の方の英検2次対策でした。

しっかり復習してきてくださいね~!練習を積むごとに
すらすらと行きますので頑張りましょう

かくいう私も日本語教師の資格を持っています。

日本語教育能力検定試験に合格すると、日本語教師の正式資格になります。

香港時代にこつこつと通信講座でやりました。

 

試験に向けてよく勉強しました。

 

大学受験の時、あれだけ

真剣にやっておけば

また違った今になっていたかもにひひ

 

いえ、いえ、今の生活、に

満足してますよニコニコ

 

まずは通信講座のテキスト24冊と

付属のビデオなどで学習。

 

到底それだけでは全く覚えられず

今度はノートにまとめました。

 

そしてこの試験はリスニングもあるので

リスニング教材も、日本から取り寄せ

何度も何度も演習。

 

さらに記述問題もあります。

これが難しく、やはり、通信講座の

内容では対応できず、

日本から何冊も問題集を取り寄せ

繰り返し演習。

 

なんでこんなに真剣にやったか。

 

この試験は合格率20%と

決して簡単ではありません。

 

それに年1回しかないのです。

 

そして当時は、日本でしかやってなかったような。

 

ですので往復航空運賃自己負担で

それを失敗すると次は翌年!

 

主婦の分際で、そんな高いお金を払ってもらい、

しかも失敗して翌年受けれる保証は

ありません。

帰国になっていたら、そんなこと

してられませんから。

 

英検は年3回、TOEIC

にいたっては年10回、

通訳ガイドは年1回。

 

絶対一度で受かりたかったんですあせる

 

元来胃は丈夫でしたが、

このとき初めて胃をやられる、という

経験をしました。

が、このあと、英検、通訳ガイドの

試験の時、さらには

子供の受験などで

幾度となく、人並みに、「胃が痛い」

という体験をすることになるのですが。

 

そして選んだのは関空から一番近く

実家の岡山にも近い、

神戸大学会場。

 

試験当日、岡山駅まで父に送ってもらい

「がんばってこい」

と言葉をかけてもらいました。

 

実はこの時が父の会話を聞いたのが

最後になりました。

 

香港駐在中に何度か遊びに来てくれたり、

2年に一度の一時帰国で会ったりはして

いましたが、次に会ったのは、

脳出血倒れた、と、日本から電話をもらい、

結局、会話はできない状態でした。

 

父からの最後の言葉が

「がんばってこい」

だなんて。。。。

今の自分はその言葉にどう答えられるか。

「うん、頑張ってるよ、

仕事も子育ても、今自分ができることを

やってるから、見守っていてね」

と言えます。

 

と横道にそれましたが、

通知は日本国内住所に送付されるので

母からの電話で合格を知ったときは、

大学合格の時よりもうれしかったですね。

 

でもこの成功体験が、以後、様々な資格をとる

後押しとなったように思います。

続きは後程。

 

 


にほんブログ村


 日本語教育能力検定試験の思い出” に対して1件のコメントがあります。

  1. きお@ハッピー情報屋 より:

    1. 訪問させて頂きました。
    ブログ訪問させて頂きました。更新楽しみにしています。また訪問させて頂きますね。
    http://ameblo.jp/sainou-happy/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。