同意に勇気づく

英語Terakoyaです。

きのうは、香港時代の友人に会いました。

当初、彼女は3児のママ。

「4人ってどう?」

と聞かれ、迷わず、

「いいよ~!子供の数が多ければ、それだけ大変なこともあるけど、その分楽しみや喜びもあるよ

と薦め、彼女も4児のママとなりました

当然駐在家庭の悩みは子供の進学、受験、単身赴任するのかどうか、ということになります。

今回、ずいぶんと周りから

「え~、ついていくの?」

「もったいない(次男の進学に関して)」

等という言葉をきいてさあ、これがベスト!と思って下した決断だけど、そういう風にいわれるとね。。。

というと、

正しい決断をしたと思うよ。私もそうするよ。」

と彼女。

実はこんな風に言ってくれる人は、本当に少なくて・・

そんな風に言ってもらえるとほっとしました。

彼女のお子さんの一人も、海外進学を選んで今アメリカの大学生。

そのお子さんが高2の冬に、シンガポールの転勤の辞令が出て、やはり、そこでどうするか

悩み、結果、そのお子さんはおじいちゃんの家からそのまま高校に通いつつ、留学対策校に通い、アメリカへ進学をしました。

2番目の高1のお子さんが「ついていく」といったのが帯同の決め手になったようです。

シンガポールの場合、シンガポール早稲田があるので、高校生でも帯同しやすいですし、

この春から日本の大学生となり、それに合わせるように帰任となったようです。

先のことをあれこれ考えても(だいたい、人間、よくない方へ考えてみる傾向にありますから)

結果オーライであればいいし、実際、その時々で、自分たち家族にとってベストと思う選択をしたら

もう迷わないこと!

そうしないと、転勤族、特に、海外駐在の場合は、やっていけません、子供の教育問題が絡んでくると。。。

そんな彼女、もちろん、すごい頑張り屋のママ。

台湾駐在時代に、中国語を身に着け、太極拳もやり、今は
先生の資格までもっています。

英語はもともとできる人。

太極拳を薦められました。

先日会った北京駐在していたお友達からも

「公園デビューしたらいいのよ。

公園行ったらみんなやってるし、中国語の練習にもなるよ~!

そうやって始めたよ」

といやはや、私の周りはみんなたくましい友人ばかりで、背中を押されます

違った意味での第2の公園デビューを果たすのはいつか?

まあ、おいおいですね


にほんブログ村


 同意に勇気づく” に対して1件のコメントがあります。

  1. 美奈子 より:

    1. ブログ読ませていただきました、はじめまして(^O^)
     英語Terakoya さんのって文章書くの上手ですね!
    最近、BOというすごく儲かる方法を最近発見したので、やりかたとかをブログに書いてます!是非読んでみてください!
    また遊びにきますね、ぜひお友達になってほしいです。
    http://ameblo.jp/xyzdzftf/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。